ルドベキア

DSC_0280-1.jpg
Nikon 1 V2 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8
[18.5mm (35mm換算49mm) F1.8 1/800 ISO160]

ルドベキアの花を色々なアングルで撮っていた時に閃いたのが、
「淡い緑のボケに浮かんでいるように表現できないか」です。
真上から撮って、淡い緑のボケに浮かぶ位置を探ります。
レンズ最短距離まで近づいたら、ボケに浮かんでいるように
撮れました。
Photoshopの照明効果を使って、ルドベキアの花を淡く光らせ
ました。
Nikon 1 V2のAFピント精度がとても良く、私の眼の代わりに
なっていることを実感しています。
この写真のAFピントを合わせたところを切り出してみました。
私の眼の状態では、ここまでピントを追い込めません。
DSC_0280-2.jpg
ボケの感じがもっと見たくなって、撮った1枚です。
ボケの感じとても良いレンズです。
DSC_0315.jpg
Nikon 1 V2 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8
[18.5mm (35mm換算49mm) F2.2 1/1000 ISO160]

4 thoughts on “ルドベキア

  1. bluem

    おはようございます(^^
    背景に花が浮かんでますね♪
    写真はやはり背景が重要であるのが分かりますよね。
    野鳥撮影でも背景に距離があると、嬉しくなりますもん(^^
    ピントもばっちりですね。

  2. iMovie

    bluemさん
    こんにちは
    背景大切ですよね。
    ぼかす時、レンズによっては、ボケの輪郭が目立ってしまうものもあるので、レンズ選びも大切です。
    このレンズは、なだらかなボケなので安心して使えます。

  3. ナイス兄貴

    単焦点レンズで遊びまくっていますね(笑)
    そのレンズの特徴を把握するのは大事な事ですね。

  4. iMovie

    ナイス兄貴さん
    こんにちは
    そうですね
    旅行先で困らないように、それまでにレンズの特徴を見ています。
    カメラのモニタとPCで見た時と意外と違うので・・・

コメントは停止中です。