ディテールアップ処理

<2月7日記事の写真>
20120207001.jpg
<ディテールアップ処理>
20120212001.jpg
2月7日に記事にしたヒヨドリでディテールアップ処理を試してみました。
1)ヒヨドリ以外をマスク
2)ヒヨドリを、Adjustの「 Detail Boost 」 と 「 Sharpen 」で調整
3)ヒヨドリを、ハイパスフィルターを使ってシャープネス処理
 (合成モードはオーバーレイにします)
背景のノイズは、Lrで軽くノイズ処理したところ、Photoshopで不要だったので、
ノイズ処理を省いています。
レイヤーの構成
B.jpg
AdjustのDetailsにある「 Detail Boost 」 と 「 Sharpen 」で調整
E.jpg
ハイパスフィルター
F.jpg
わずか、これだけです。
Adjust、ディテールだけアップさせる事もできますね。

ディテールアップ処理、参考にさせて頂いたのが、ナイス兄貴さんの記事です。
ディテールアップ処理の方法がわかりやすい記事になっています。
こちらもご覧下さい ^^

鳥の仕上げ #1
鳥の仕上げ #2
シャープネス処理

4 thoughts on “ディテールアップ処理

  1. bluem

    こんにちは(^^
    これは素晴らしいですね!
    やっぱ毛系にジャストフィットする感じですよね。
    私は図鑑用のトンボで試してみまして、TopazAdjustは
    ほんの少しだけ効かせる感じが結果が良かったです。
    被写体による効果の見極めは、やはり経験を積む事だと
    実感してます(^^
    もう、過去写真全てをレタッチし直したい、衝動に
    駆られておりますぅw

  2. ナイス兄貴

    こんにちは。
    やってますね~ (^^
    この手法は自然物、特に鳥や昆虫によくあう感じです。
    ちょっと残念な画が蘇るので、メッチャ嬉しい手法w
    実は 11月頃から試行錯誤を始めて、紹介しても良いと確信したので
    記事にしたんですよ (^^
    みなさんに喜んで頂けて嬉しく思っております。
    仲間内だけに公開しているブログでは無いので、ハイパスフィルターを
    使ったシャープネスのかけ方とかリンクを貼った方が良いと思います。
    記事の内容だけではなにをどうやったらいいのか見当付きませんのでね。
    それと「ヒヨドリをマスク」では無く「ヒヨドリ以外をマスク」ですね。
    逆の意味になってしまいます (^^

  3. iMovie

    bluemさん、こんにちは~
    ディテールアップ処理、羽毛に効きますね。
    ナイス兄貴さんに感謝しないと~ ^^
    この方法、手順が簡単なのに効果が大きいので、
    使いやすいです。
    「 Detail Boost 」 と 「 Sharpen 」の設定
    さじ加減次第でしょうか ^^
    あっ、ハイパスもですね

  4. iMovie

    ナイス兄貴さん、こんにちは~
    ご指摘ありがとうございます。
    設定パラメータ、一通り載せて、リンクも貼りました。 ^^
    簡単にできて、効果が大きいですね。
    これは使いやすいです。
    過去に撮ったものを色々試してみたいと思います。

コメントは停止中です。