スクリーンで合成

秘密基地の記事でレイヤーマスクの使い方を教わったので、さっそく実践です。
レイヤーマスクと合成モードで写真を仕上げる方法を解説しているのですが、
スクリーンを使った合成が紹介されていたので、朝景で試してみました。
記事では、空の色を調整するレイヤーも作っていますが、このままでも
良い色が出ていたので省略しています。
スクリーンを使うと自然な感じに仕上がりますね。
参照記事
秘密基地
レイヤーマスク
最後に、delphianさん、わかりやすく教えて頂きありがとうございました。
K5__4605-5.jpg
PENTAX K-5 FA31mmF1.8 Limited [F5.6 1/1500 ISO100]

4 thoughts on “スクリーンで合成

  1. bluem

    こんばんは(^^
    レイヤーマスクは、私も初挑戦でしたが、これを憶えておくと
    何かと便利ですね♪
    はやく私もフォトショを使いこなせるように、なりたいです(^^
    しかし、凄いソフトですよね。

  2. ナイス兄貴

    合成モードって沢山用意されているのは意味があっての事なんですね。
    こんなモード誰が使うんだ? ってのもあるしw
    使い方次第で色々な可能性がある感じです。
    面白い使い方を研究しようと思っておりますよ (^^

  3. iMovie

    bluemさん、こんにちは~
    レイヤーマスク、知っていると何かと便利ですね ^^
    聞き慣れない用語がたくさんあるので、その度に調べまわっています。
    ほんと、早く使いこなせるようになりたいですね。

  4. iMovie

    ナイス兄貴さん、こんにちは~
    合成モードがたくさん用意されているのは、
    それぞれ意味があるという事なんですね。
    ただ、それをどう活かすのかが、まったくイメージできていません。
    こればかりは、経験積んでいくしかないですよね。

コメントは停止中です。