画面をクリックすると大きい画面でみれます。
K5__1046a.jpg
PENTAX K-5 D FA MACRO 100mmF2.8 WR [F5.0 1/320 ISO1600]

紫陽花の葉に雫がひとつ、雫に風景を写りこませます。
Lightroomで雫を際立たせて、Photoshop Elementsの照明効果で雫をほのかに
光らせています。
実は、ノイズ評価用に高感度で撮った写真ですが、雫の表面に風景がきれいに
写り込んでいたので、Lrのノイズ処理で救ってみました。

2 thoughts on “

  1. あんな

    すごーい!!きれーっ!!
    しずくっていうと、その中に向こう側のモノを
    写りこませたいと思って撮っていたんですが、
    こちら側を映すこともできるんですね~。
    頭が柔らかくなりました!!
    もうちょっと柔軟にモノを見る訓練しないとですw
    照明効果…(^_^;)
    エレメンツ恐るべし!
    当然ワタシのエレメンツにもある機能ですよね(^_^;)
    今度探し出してみなくてはっ!!

  2. iMovie

    あんなさん、こんにちは~
    ありがとうございます。
    雫、ピントの合わせる位置で、向こう側もこちら側も写す
    ことができます。
    かなりピント幅は狭いので、精進して下さいね。
    照明効果、Photoshop Elementsのプルダウンメニュー
    「フィルター」-「描画」にあります。
    1.元画象コピーして、照明効果のレイヤーを作る
    2.照明効果のスタイル「全方向性(ソフト)」を選択
    3.光らせたい位置へ、照明のポイント位置を移動
    4.照明効果のレイヤーの不透明度を調整して元画象と
      馴染ませる
    こんな感じでしょうか・・・
    お試し下さい。
    ネコのヒゲ 照明効果使えますよ~ ^^

コメントは停止中です。