電柱と月

K-5のAF、赤白の被写体でピントを外してしまいますが、それ意外の場合、
ピントの合う精度はかなり良いですね。
街路灯のやや上にある足場ボルトにピントを合わせて撮ってみて驚きました。
足場ボルトのヘッドの文字がわかるまで解像しています。
赤白問題、ペンタックスからの回答では、AFが苦手なパターンで片付けられそうです。
これは、困った事です。
カメラの画像モニターでは判別できないため、現場で気がつかない恐れがあります。
PCの画面で確認して唖然とする。あまりにもお粗末過ぎます。
この件、皆さんからの意見が多ければ多いだけ、ペンタックスの首脳陣に訴えが届くはず。
今日、ペンタックスに意見します。

<DA★55 F5.6>
電柱
電柱

2 thoughts on “電柱と月

  1. ナイス兄貴

    SECRET: 0
    PASS: cbaa1b78a6641c9a4455e42b4a803fd6
    赤白は困った問題でございます。
    ファームで出来る事はやって欲しいのですが、設計通りの性能にはならないでしょうね。
    もしそうなら2台目の K-5購入は見送って、次機種狙いだな~

  2. iMovie

    SECRET: 0
    PASS: c09d9b58042b99ec0afafeb97c45e900
    K-5のAFモジュール、新しくなって、ピントの合う精度が高い
    のですが、どうも、荒削りの状態ですね。
    良い面と悪い面が躊躇に出ますから...
    今後、どのように収束させるのか、推移を見守るしかありません。
    ただ、黙っていても改善されないので、言い続けたほうがよい
    かも知れません。

コメントは停止中です。