鮮やか&輝き処理

<鮮やか&輝き処理>
20120213001.jpg
ナイス兄貴さんの「ディテールアップ処理」に刺激受けたので、自分なりにアレンジした方法を公開します。
Adjustのプリセットを弄っていて、花がとても鮮やかになり、輝きが増すプリセットを見つけました。
Classic Collectionにある「Brilllart Cold」です。
ナイス兄貴さんの手法を見習って、簡略化してみました。
ま〜プリセット選ぶだけなので、たいした事ないのですがぁ〜 ^^
1)チューリップ以外をマスク
2)チューリップを、AdjustのClassic Collectionにある「Brilllart Cold」のプリセットで処理
3)チューリップの水滴(ピントが合っている箇所)を、ハイパスフィルターを使ってシャープネス処理
(合成モードはオーバーレイにします)
Adjustは、「Brilllart Cold」プリセットを選択するだけの手軽さです。
ハイパスは、ピントが合っているところだけ選択して下さい。
後は、Adjustとハイパスのレイヤーの不透明度で調整して、馴染ませます。
今回は、両方とも90%にしました。
背景のノイズは、Lrで軽くノイズ処理したところ、Photoshopで不要だったので、
ノイズ処理を省いています。
レイヤーの構成
A.jpg
Adjust Classic Collectionにある「Brilllart Cold」プリセットを選択
B.jpg
ハイパスフィルター
C.jpg
花は、すべて「Brilllart Cold」を使って仕上げているので、相性の良さは感じて
いました。
植物が、生き生きした描写になります。
ぜひ、お試し下さい。 ^^
同じ手法で、チューリップの葉を処理してみました。
<鮮やか&輝き処理>
20120213001.jpg

8 thoughts on “鮮やか&輝き処理

  1. Jerry

    おはようございます。
    チューリップ、花もいいけど、葉っぱの写真も素敵ですね。
    花にBrilllart Coldですね。覚えておきます。
    ハイパスも使ってみましたが、掛ける場所と半径の按配を覚えるまでは経験が必要ですね。
    まだ加減が良くわかりませんww

  2. ナイス兄貴

    こんにちは。
    応用ワザですね (^^
    被写体と背景を分けて作業するのは色々メリットがありますね。
    この様な応用ワザも出来る様になるし。
    最近は背景をメッチャ滑らかにする方法も簡略化出来ました。
    マスク処理必須ですが (^^

  3. bluem

    こんにちは(^^
    今の自分のフォトショ技術で、花はまだやってないので
    今度試してみます♪
    ここ3日位は、ハイパス技を掴もうと、朝早く出勤してからと
    夜帰宅してから、一日2~3枚の写真を調整しておりました(^^
    如何に丁寧にマスクするかもポイントですよね♪
    今のトコの私的最高作は、これです↓↓↓
    http://photozou.jp/photo/photo_only/2354561/121448801?size=1024
    写真撮ったのは、会社の同僚なんですがw

  4. pattan

    こんにちは^^
    少し前の記事で、このチューリップの写真を見た時に
    iMovieさんの撮る花は、男性が撮ったみたいじゃなくて
    優しい雰囲気だなあ、って思いました^^
    記事を見てると簡単そうだけど、やってみたら
    結構難しいんでしょうね^^;
    そういえば、iMovieさんはCP+は興味なし?
    私は毎年(絶対に来年こそは行こう!)って思いながら
    今年も行けませんでしたww 残念www

  5. iMovie

    Jerryさん、こんにちは~
    ハイパスの数値ですが、1024px程度であれば、0.3pxで
    良さそうです。
    ナイス兄貴さんに伺ったところ、0.3~0.7pxで十分という
    見解ですね。
    私も、0.3、0.5、0.7(被写体に応じて)
    このあたりで調整して、効果を見ている状況です。

  6. iMovie

    ナイス兄貴さん、こんにちは~
    はい、応用技です ^^
    「ディテールアップ処理」、シンプルな手順なので、
    使いやすいですね。
    この手順だとバリエーションとして使えそうだなって
    思って試してみました。 ^^
    シンプルな構成じゃないと、使わなくなってしまい
    ますよね ^^

  7. iMovie

    bluemさん、こんにちは~
    わぁ~ 最高作、素晴らしいですね。
    素敵な写真です。
    このような写真、いつか撮ってみたいと、思いました。
    マスクですが、「効果があるところ」にするという感じ
    でしょうか。
    暗部はノイズがのるので、除外するという感じですね。

  8. iMovie

    pattanさん、こんにちは~
    ありがとうございます。
    難しくないですよ ^^
    ぜひ、お試し下さいね。
    眼に障害があるのにカメラで写真撮っています。
    カメラを始めたのも、眼球が動かなくならないよう、
    リハビリのため始めました。
    カメラの進化に助けられて、写真撮り続けています。
    眼が悪いので、眼の情報に頼らないで、シャッター
    押してますが、きっと、その結果が、優しい写真
    になっているのかも知れませんね。
    感じるままに写真撮る、これが今の撮影スタンスかなぁ~
    CP+ 行きたかったけど、同行者の都合がつかなくて、
    行けませんでした ^^

コメントは停止中です。