SMC PENTAX-A 50mm F2.8 Macro 無限遠 絞り開放の描写

無限遠
無限遠
SMC PENTAX-A 50mm F2.8 Macroを入手しましたが、どうも無限遠が出ていないようです。
近くの幹線道路ですが、奥の信号機まで直線で300mあり、無限遠の確認に好都合
絞り開放、無限遠突き当たりで撮って見ました。
やはり無限遠出てないなぁ~
手前カーブのあたりでピントがあってます。
無限遠
カメラのスーパーインポーズが光ったところがピント合った場所なので、カメラをふって
ピントの合っている場所を探して見ました。
中央の白い看板にピントが合います。
立ち位置から、Googleマップ計測で95mです。
無限遠の調整が必要ですね。

<絞り開放 F2.8>
標識

<F5.6>
標識
絞り開放の描写も確認して見ました。
LVで拡大表示してピント追い込んでいます。
絞り開放の描写は問題ないようです。

2 thoughts on “SMC PENTAX-A 50mm F2.8 Macro 無限遠 絞り開放の描写

  1. ナイス兄貴

    SECRET: 0
    PASS: cbaa1b78a6641c9a4455e42b4a803fd6
    無限遠の調整、戻ってくるのが楽しみですね~
    このレンズ、何故かK20Dの方が良く写る気がします。
    K5で撮ってK20Dのサイズにリサイズしても少し甘い感じがする。
    なんでだろう・・・
    理論的には同じ描写じゃないとおかしいのにw
    ちょっと色々撮って検証してみます (^^

  2. iMovie

    SECRET: 0
    PASS: c09d9b58042b99ec0afafeb97c45e900
    レス遅くなりました。
    私も、K-5だと描写甘く感じております。
    K55でも、同じですね。
    おっしゃるように、同じ描写じゃないと、おかしいですよね。
    ローパスフィルターに違いがあるのかな?

コメントは停止中です。